子役のオーディション


目に入れても痛くないほどかわいい我が子を見て、子役になれるのではと考えたことがある人は多いはずです。赤ちゃんの時から子役タレントとして活躍している子どもたちを見ていると、うちの子もと思ってしまうものです。実は実際に子役タレントとして事務所や養成所に所属している子供は意外と多く、テレビや雑誌で知り合いの子を見た、という人もいます。芸能界というと遠い世界のように感じてしまいますが、家族が応募したら受かってしまったという話も聞かれるように、オーディションを受けるチャンスは誰にでもあります。

子役タレントになるためのオーディションには大きく分けて2つあります。1つはテレビや雑誌などの企画に必要な子役を起用するためのオーディションです。このオーディションに受かれば即デビューできるという確実なものですが、1つの枠にたくさんの応募者が集まるため倍率が非常に高くなります。基本的には誰でも受けることが可能ですが、事務所などを経由しないと受けられないものもあります。

もう1つが事務所や養成所に入るためのオーディションです。入所できれば必ずデビューできるわけではありませんが、紹介などにより仕事が決まりやすかったり、活躍するために必要なスキルを身につけることができるため、結果的にはデビューへの近道になることが多いです。基本的には誰でもオーディションを受けることができ、養成所の場合は合格後入所料や月謝を払いレッスンを受けることになります。